にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

BigBossとXMの比較を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200822015257j:plain

BigBossとXMを比較して、どちらが使いやすいブローカーなのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは海外FXブローカーの中でも、ボーナス制度や最大888倍のレバレッジ取引、充実した日本語サポートから圧倒的人気を誇っています。

BigBossはXMほどの知名度はないものの、徐々に日本人ユーザー数を増やし続けており、注目の海外FXブローカーです。

ここではこれからBigBossを利用したい方に向けてXMのトレード環境やサービスについて比較していきます。

BigBossとXMの比較を分かりやすく解説

BigBossとXMの比較 口座タイプ

BigBossとXMを比較するために、まずは口座タイプをみていきましょう。

BigBossの口座タイプ

  • スタンダード口座(STP方式)
  • プロスプレッド口座(ECN方式)
  • FOREX口座(CEX方式)

XMの口座タイプ

  • スタンダード口座(STP方式)
  • マイクロ口座(STP方式)
  • ゼロ口座(ECN方式)

BigBossとXMの口座タイプを比較すると、XMは為替のFXトレードの口座に特化しているのに対し、BigBossは仮想通貨トレードをしたい方にも適しているでしょう。

BigBossとXMの比較 取引手数料

BigBossのプロスプレッド口座とXMのゼロ口座はECN口座に分類され、取引手数料が発生します。

取引手数料を比較すると、BigBossは1ロットあたり往復9ドル、XMは往復10ドルですので、BigBossのほうが負担は軽くなります。

BigBossとXMの比較 スプレッド

BigBossとXMのスプレッドを一覧にまとめたので比較しましょう。

BigBossのスプレッド一覧【※スタンダード口座/プロスプレッド口座で表示】

  • EURUSD:1.4pips / 0.4pips
  • USDJPY:2.2pips / 0.9pips
  • AUDUSD:2.4pips / 0.4pips
  • GBPUSD:1.6pips / 0.9pips
  • USDCHF:1.8pips / 0.6pips

XMのスプレッド一覧【※スタンダード口座/ZERO口座で表示】

  • EURUSD:1.7pips / 0.1pips
  • USDJPY:1.6pips / 0.1pips
  • AUDUSD:1.8pips / 0.4pips
  • GBPUSD:2.1pips / 0.2pips
  • USDCHF:2.1pips / 0.4pips

スタンダード口座を比較すると、通貨ペアに応じてスプレッドの広さが異なることがわかりました。

ECN口座を比較すると、全通貨ペアにおいてXMよりもBigBossのほうがスプレッドは広く、唯一同じだったのはAUDUSDのみです。

取引手数料を加算してトータルコストを比較しても、XMよりもBigBossのほうがコスト負担は大きいと言えるでしょう。

BigBossとXMの比較 レバレッジ

BigBossとXMのレバレッジを比較しましょう。

まずBigBossは最大999倍でレバレッジ取引できますが、マイナー通貨は最大50倍に制限されています。

一方XMは最大888倍に制限されているもの、ハイレバレッジ取引ができます。

BigBoss・XMともに、それぞれ口座残高に応じて最小100倍までのレバレッジ制限があることは共通点でしょう。

XMのレバレッジ制限は口座残高に応じて888倍・200倍・100倍の3段階構成になっていますが、BigBossは999倍・555倍・200倍・100倍4段階構成になっています。

レバレッジを比較した結果、XMよりもBigBossよりもハイレバレッジトレードができると言えるでしょう。

BigBossとXMの比較 入金方法と出金方法

BigBossとXMの入金方法と出金方法を比較します。

入金方法は、BigBoss・XMともに国内銀行送金・クレジットカード・bitwallet・BXONEを利用できます。

さらにBigBossは暗号資産と海外銀行送金、XMは既存ユーザーに限りSTICPAYを利用できます。

出金方法は、BigBossについては国内銀行送金・bitwallet・BXONEに制限されますが、XMは入金方法と同じでしょう。

BigBoss・XMともに充実しており、手数料や反映時間についてもそれほど大差はありません。

入出金方法を比較した結果、日本人ユーザーが使いやすい仕様になっていることからBigBoss・XM両社ともおすすめと言えるでしょう。

BigBossとXMの比較 ボーナス

BigBossとXMのボーナスを比較しましょう。

まずBigBossは、週あたりの取引が10万通貨を超えた場合、1ロットの取引あたり4ドルのボーナスを受け取ることができます。

一方XMは、口座開設で3000円、スタンダード口座とマイクロ口座限定で最大5万円の入金まで100%のボーナスと、最大45万円まで20%のボーナスを受け取れます。

ボーナスを比較した結果、XMよりもBigBossのほうがボーナスの集計期間が制限されていることから受け取りまでのハードルは高いと言えるでしょう。

ただしBigBoss・XMともにクッション機能つきのボーナスのため、トレードの証拠金として利用できることはメリットです。

BigBossとXMの比較 トレーディングツール

BigBoss・XMのトーレディングツールを比較しましょう。

両社ともに、トレーディングツールとしてMT4とMT5、そして公式アプリを採用しています。

海外FXブローカーの多くはMT4とMT5を公式採用しているものの、ブローカー独自の公式アプリを採用する業者はめずらしいです。

トレーディングツールを比較した結果、BigBoss・XMともにニーズに合ったツールでトレードできると言えるでしょう。

BigBossとXMの比較 ライセンス

BigBossとXMを運用する企業の金融ライセンスを比較しましょう。

まずBigBossはセントビンセント・グレナディーンの金融ライセンスを取得し、XMはセーシェルのライセンスを保有しています。

BigBossはマイナーライセンスで、XMのライセンスも信託保全がないものの、両社とも口座資金の全額補償があることから、万が一の破たんの際も安心と言えるでしょう。

BigBossとXMの比較を分かりやすく解説まとめ

BigBossとXMを比較した結果をまとめると、どちらも多くのトレーディングプラットフォームを採用し、ハイレバレッジ取引ができるうえ、金融ライセンスを保有しており安全性の高いブローカーであることがわかりました。

比較した結果から、BigBossは為替FXだけでなく仮想通貨トレードをしたい方、XMは安定的にボーナスを受け取りたい方・トレードコストを抑えたい方に適していると言えるでしょう。