にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSの手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

100%ボーナスキャンペーンや日本語でのサポートなど、サービスが充実しているFBS。

そんなFBSを利用して、これからトレードにチャレンジしたいと考えている人もいるでしょう。

しかし実際に取引を行う前に、手数料がどれくらいかかるのか知っておきたいという人もいますよね。

FXでは見えない手数料と呼ばれるものも存在するため、実際にトレードするとどれくらいの手数料が取られるのか不透明な部分も多くなっています。

そこで今回は、FBSの手数料について詳しく調べてみました。

FBSの手数料を分かりやすく解説

FBSは2009年にスタートした世界190カ国で活動するインターナショナルなブローカーです。

現在、世界で1300万人ものトレーダーが利用しており、年間でトレーダーの利益総額は5億ドル以上をあげています。

また日本語サポートにも対応しており、海外ブローカーでありながら英語の苦手な方でも利用しやすいブローカーの1つであるといえるでしょう。

そんなFBSで取引したいのであれば、実際に気になってくるのは取引で発生する手数料です。

FBSで発生する手数料は、大きく分けて取引に関する手数料・入金に関する手数料・出金に関する手数料の3つになります。

FBSの取引に関する手数料

まず発生してくるのがFBSで注文をする決済を行うなど、ポジションを保有した時にかかってくる手数料についてです。

FBSには全部で以下の5つの口座タイプが用意されています。

  • セント口座
  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ゼロスプレッド口座
  • ECN口座

そしてどの口座タイプを利用して取引するかによってもかかってくる取引手数料は異なるようです。

セント口座・マイクロ口座・スタンダード口座に関しては、取引手数料が発生しません。

しかしゼロスプレッド口座とECN口座に関しては取引手数料が発生するシステムになっています。

まずゼロスプレッド口座に関してですが、1Lotあたり20ドルからの手数料がかかってきます。

手数料としてはかなり高くなりますが、その代わりスプレッドがFBSの中では狭い設定になっているのが特徴です。

片道の注文で1lot20ドル〜となっているので、タイミングや取引量に応じて手数料も変化する可能性があります。

ゼロスプレッド口座で取引を行うのであれば、事前に取引手数料を確認してから注文を出すのが良いでしょう。

またECN口座に関しては一律で片道6ドル相当の手数料が発生します。

こちらもスプレッドが極狭となっており、注文を無制限で行うことができるというのが特徴です。

このようにFBSは手数料が発生する口座タイプと手数料が発生しない口座タイプがありますが、それぞれ保有可能なポジションの最大数やレバレッジの最大値、スプレッドの幅などが異なってきます。

FBSの見えない手数料であるスプレッド

またポジションを保有する際には通常の取引手数料の他に、見えない手数料と呼ばれるスプレッドも存在します。

FBSのスプレッドに関しても、口座タイプごとにスプレッドに関するルールやスプレッド自体の幅が大きく異なるようです。

まず、スプレッドの幅が取引量やタイミングなどによって異なる変動方式のスプレッドが採用されているのが、以下の口座タイプです。

  • セント口座...1pip〜
  • スタンダード口座...0.5pips〜
  • ECN口座...-1pip〜

上記3つの口座に関しては、取引するタイミングによってスプレッドが常に変化しますので、毎回スプレッド幅を確認してポジションをとる必要があります。

またスプレッドが常に固定された幅に設定されているのが以下の2つの口座タイプです。

  • マイクロ口座..3pips〜
  • ゼロスプレッド口座...0

マイクロ口座に関しては銘柄によってスプレッド幅はあるものの、1つの銘柄に対してのスプレッドは固定されています。

またゼロスプレッド口座に関しては、どの銘柄でもスプレッドはありませんが別途手数料が発生するでしょう。

FBSの入金に関する手数料

FBSでは実際のポジション保有以外にも手数料が発生する場合があり、入金方法によっても手数料が発生してきます。

まず確認しておきたいのがFBSの入金方法についてです。 FBSでは以下のような入金方法を利用できます。

  • 銀行送金
  • クレジットカード(VISA・JCBなど)
  • bitwallet

など。 それぞれの入金方法によっても発生する手数料が異なるのが特徴です。

例えばクレジットカードのVISAを利用して入金を行なった場合には1USD相当の手数料が発生しますが、JCBの場合には本来3.2%ほどの手数料が発生しますがFBSが補填してくれます。

また電子マネー決済や銀行送金などを利用した場合も、利用する金融機関ごとに設定された手数料が発生してくるようです。

入金方法によっても手数料の額が大きく変わってくる可能性があるので、利益が出て出金を行うことまで事前に想定し入金方法を選んでいくのが良いでしょう。

FBSの出金に関する手数料

またFBSでは出金に関しても手数料が発生してきます。 FBSでは以下のような出金方法を利用できます。

  • 銀行送金
  • クレジットカード(VISA・JCBなど)
  • bitwallet

など。 こちらも入金同様に、クレジットカードの出金の場合にはVISAで1USDほど、JCBで1EURほどの手数料がかかってきます。

その他の金融機関などを利用する際にも、それぞれの業者によって手数料は異なってくる可能性があるので、事前にしっかり確認するようにしてくださ。

FBSの手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、FBSの手数料を分かりやすく解説してきました。

FBSの手数料は大きく取引に関する手数料・入金に関する手数料・出金に関する手数料の3つに分けることができます。

そしてFBSの取引手数料は口座タイプごとに異なり、入出金手数料は送金方法によっても料金が異なってくるでしょう。

口座タイプ選び、入出金方法選びによってもかなり手数料が異なってきますので、自分のトレードスタイルや入出金の頻度などによって取引方法や口座タイプを選んでいくことが重要になってきます。

FBSではユーザー側の選択によって、他のブローカーよりもお得な手数料で取引できたり、逆に手数料が多くかかってしまうこともあるので、しっかり取引方法を選んでいくようにしましょう。