にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXのNDD方式とDD方式を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

海外FXをこれから始めてみたいという人や、海外FXを始めたばかりという人の中には、自分が使いたいブローカーがNDD方式とDD方式のどちらなのか知りたいという人もいるでしょう。

海外FXでのブローカー選びにはレバレッジや手数料などが重要なポイントになりますが、NDD方式の業者を選ぶかDD方式の業者を選ぶかでもトレードの条件がかなり変化していきます。

そこで今回は、海外FXのNDD方式とDD方式の違いや特徴について分かりやすく解説していきます。

海外FXのNDD方式とDD方式を分かりやすく解説

海外FXのNDD方式とDD方式とは、簡単にいってしまえばトレーダーから受けた注文をブローカー側がどのように市場に流すか、その方法を示したものです。

海外FXブローカーの中にはNDD方式を採用しているブローカーもDD方式を採用しているブローカーもあります。

またNDD方式とDD方式にはそれぞれメリット・デメリットや独自の特徴がありますので、まずは海外FXのNDD方式とDD方式がどのようなものなのか具体的にみていきましょう。

海外FXのNDD方式とは?

海外FXのNDD方式とは、「Non Dealing Desk」の略語であり、トレーダーとインターバンク市場の間にディーラーなどの仲介業者を挟まない注文方法のことを指します。

NDD方式を採用している海外FXブローカーの場合、トレーダーが出した注文や決済は他のディーラーなどが仲介することなく、そのままダイレクトにインターバンク市場に流されて取引がされるのです。

トレーダーが出した注文に関して、ディーラーなどの仲介業者が関与することがないため透明性の高い取引ができるという部分が大きな特徴でしょう。

トレーダーが出した注文は途中経由されることなくインターバンク市場に流れますので、ディーラー側が何かしら注文を操作することはできません。

よってNDD方式を採用しているブローカーの主な収入源はスプレッドなどの手数料になるため、DD方式を採用しているブローカーに比べると平均スプレッドの幅が広くなっていると言われています。

日本国内のFXブローカーの多くはNDD方式ではなくDD方式を採用しているため、スプレッドが海外FXブローカーに比べて広めです。

このようにスプレッドという名のコストが嵩んでしまうという点がNDD方式の唯一のデメリットだともいえるでしょう。

ただし海外FXブローカーのXMやGemforex(ゲムフォレックス)などは、スプレッドが比較的広めではありますが、同時に豪華なボーナスキャンペーンも開催されています。

ボーナスとスプレッドなどのコストの相殺を考えると、NDD方式を採用していることも多い海外FXでも取引がしやすいといえるでしょう。

海外FXブローカーの中でNDD方式を採用していると考えられるブローカーは、以下の通りです。

  • XM
  • TitanFX(タイタンFX)
  • AXIORY
  • GemForex(ゲムフォレックス)(ただし口座タイプによってはDD方式と考えられている口座タイプもあり)
  • HotFOREX(ホットフォレックス)
  • FBS
  • BigBoss

など。 さらに海外FXのNDD方式を採用しているブローカーは、NDD方式の中でもさらにSTP方式とECN方式という2つの方法が存在するのです。

海外FXのNDD方式のSTP方式とは?

海外FXのNDD方式のSTP方式とはNDD方式の種類の1つなので、トレーダーから出された注文がディーラーを介さずにインターバンク市場に流れるという注文方法ですが、間に海外FXブローカーを経由します。

注文が市場に流れるまでには「トレーダー→海外FXブローカー→インターバンク市場」という道を通ることになるのです。

NDD方式の中のもう1つの方法となるECN方式と注文が約定するスピードに変わりはありませんが、間に一枚海外FXブローカーがかんでいるため、売値と買値の差額となるスプレッドが上乗せされる傾向にあります。

よって海外FXのNDD方式の中でSTP方式を採用しているブローカーは、比較的スプレッドが広めでも約定スピードが速く約定率が高いという特徴を持っている傾向にあるようです。

また海外FXブローカーの中でも複数の口座タイプを用意しているようなブローカーの場合、一部の口座タイプのみSTP方式を採用しているところも多くなっています。

基本的に海外FXブローカーの中で、「スタンダード口座」のようなベーシックな口座タイプにはSTP方式が採用される傾向があります。

海外FXのNDD方式のECN方式とは?

また海外FXのNDD方式のECN方式とはNDD方式の種類の1つであり、STP方式よりも注文の流れの透明性が高い方式です。

STP方式のようにブローカーを介すこともないので、トレーダーの注文がそのままインターバンク市場にながれていきます。

ECN方式を採用している海外FXブローカーの場合、注文にブローカーを介すことがないのでその分スプレッドの上乗せもなくなりますので、スプレッドがSTPよりも狭くなるでしょう。

ただしブローカー側では別途取引手数料を設けているところも多いようです。

またSTP方式を採用している海外FXブローカーの中には、一部の口座タイプのみにはECN方式を採用しているところもあります。

XMのゼロ口座・TitanFX(タイタンFX)のブレード口座・GemForex(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座などはECN口座にあたる口座タイプです。

海外FXのDD方式とは?

ここまで海外FXのNDD方式について説明してきましたが、NDD方式とは異なるルールとなるDD方式についてもみていきましょう。

DD方式とはDealing Deskの略語であり、トレーダーからの注文を一旦ディーラーが受け、ディーラーからインターバンク市場に注文が流れるという方式のことを指します。

トレーダーの注文がインターバンクに流れる前にディーラーが関与してきますので、業者側に不利になるような注文はディーラーが受け取った段階でインターバンクに流さないという可能性もあるのです。

このようにNDD方式に比べるとDD方式の方が注文の透明性が低い方式だといえるでしょう。

ただし注文を比較的操作しやすいという部分から、ブローカー側がスプレッドで利益を出そうとする必要がないため、DD方式を採用しているブローカーは比較的スプレッドが狭いといわれています。

国内FXブローカーはDD方式を採用しているため、海外FXブローカーよりもスプレッドが狭いのです。

海外FXのNDD方式とDD方式を分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXのNDD方式とDD方式の違いや特徴について分かりやすく解説してきました。

海外FXでは透明性の高いNDD方式が採用されていることが多く、国内FXではDD方式を採用しているところが多くなっています。

どちらの方式を採用しているかによってもブローカーの特徴が異なりますので、気になるブローカーがあれば事前に調べておくのもおすすめです。