にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

海外FXの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

【1位】is6comの詳細ページはこちらから

【2位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEWの詳細ページはこちらから

【5位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200912020406j:plain

日本国内では実現不可能なハイレバレッジトレードのできる海外FXブローカー。

小額の資金からでも大きく勝てる可能性があるため、日本人トレーダーも多く利用しています。

しかしこれから海外FXブローカーを利用したいという人の中には、リスク管理のために事前にしっかり海外FXのルールについて学びたいという人もいるでしょう。

特に追証やロスカットなどの損切りに関するルールは、国内FXと海外FXで大きく異なります。

そこで今回は、海外FXの追証・ロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説していきます。

海外FXの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

海外FXブローカーは基本的に追証ルールが導入されていない

海外FXブローカーと国内FXブローカーは、そもそもトレードルールが異なる点がいくつも存在することを知っている人もいるでしょう。

そのうちの1つが海外FXブローカーには追証がなく、国内FXブローカーには追証があるというものです。

追証とは「追加証拠金」の略称であり、名前の通り追加で支払う証拠金のことをさしています。

追証ルールが採用されている国内FXブローカーの場合、ポジション保有中に含み損が発生して一定の証拠金維持率を下回るとマージンコールがかかりますよね。

マージンコールがかかると追証を支払うかどうかをユーザー自身が選択することになります。

もしも追証を支払わずにポジションを保有し続けてさらに証拠金維持率が一定を下回れば、ロスカットが執行されてポジションは強制決済され損失が確定するでしょう。

しかし追証を支払えば、証拠金維持率がロスカットの領域に達したとしてもロスカットは執行されずポジションを保有し続けることができるのです。

逆に海外FXブローカーの場合には、この追証ルールがありませんのでマージンコールがかかってもユーザー側に選択の余地はなく、さらに一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが施行されます。

追証がある国内FXブローカーは、ロスカットかポジションを保有できるかをトレーダー自身が選択できるというメリットがありますが、ポジションを保有した時よりも余分に資金を使う必要があり「追証=借金」であることを忘れてはいけません。

また海外FXブローカーは追証ルールがない分、一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが強制的に執行されます。

特に急な価格の高騰や暴落などによりロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになったところでロスカットされてしまうというパターンも起きるようです。

しかし海外FXブローカーの場合、証拠金がマイナスになればゼロカットシステムが作動します。

ゼロカットシステムとは、証拠金のマイナス額分をブローカー側が補填してゼロにリセットしてくれるというシステムです。

つまり海外FXブローカーでは、証拠金がゼロになることはあってもマイナスになったり借金を背負うというリスクはありません。

海外FXのロスカットが執行される証拠金維持率はブローカーごとに異なる

海外FXブローカーでは追証ルールが採用されていませんので、一定の証拠金維持率を下回ればロスカットが執行されてポジションが決済されます。

しかしポジションが決済されるロスカット水準となる証拠金維持率は、海外FXブローカーによっても異なるようです。

ここでは大手海外FXブローカーでロスカットが執行される証拠金維持率を調べてみました。

  • XM...証拠金維持率20%以下でロスカット
  • AXIORY...証拠金維持率20%以下でロスカット
  • FBS...証拠金維持率20%以下でロスカット
  • iFOREX...証拠金維持率0%以下でロスカット
  • LAND-FX...証拠金維持率30%以下でロスカット

どの海外FXブローカーでも証拠金維持率は0%〜30%に設定されています。

国内FXブローカーのロスカット水準は証拠金維持率が50%〜100%ほどですので、国内FXブローカーに比べるとかなりロスカット水準が低いことがわかるでしょう。

ただし具体的に証拠金がいくらになればロスカットが執行されるのかは、以下の要素によってかなり異なってきます。

  • ロスカット水準
  • 取引量(1Lotあたりの数量)
  • レバレッジ倍数

たとえば以下の条件でXMでポジションを保有したとしましょう。

  • XMのロスカット水準...20%
  • 取引量...1000万円
  • レバレッジ倍数...888倍

「取引量1000万円÷レバレッジ888倍=取引証拠金11261円」となり、「資産合計10万円-証拠金維持率20%×取引証拠金11261円=評価損益97747円」となり、97747円負ければロスカットが執行されることになります。

海外FXブローカーは、業者ごとにレバレッジの最大値が400倍〜1000倍くらいまでに設定されていることが多いようです。

そして1Lotあたりいくらなのかも、海外FXブローカーによって異なります。

ロスカットはトレーダーの意思に関係なくされる強制決済ですので、ロスカットされるというのはかなりの含み損がでていたということになるでしょう。

ポジションの保有をしたら最悪はロスカットで強制的に決済されるということを念頭におきつつ、その手前で自分でポジションを手仕舞いにできるようになることが重要です。

海外FXの追証・ロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

今回は、海外FXの追証・ロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説してきました。

海外FXブローカーと国内FXブローカーとの違いの1つが追証ルールの採用・非採用であり、海外ブローカーは追証ルールがなくロスカットが執行されるというルールです。

ただし海外FXブローカーのロスカット水準は国内FXブローカーに比べるとかなり低く設定されており、国内FXブローカーに比べて追加の資金なしでギリギリまでポジションを保有することができます。

海外FX独自のルールもありますので、登録したいブローカーの基本ルールをしっかり調べてから登録するのがよいでしょう。