にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXスワップポイント比較一覧を分かりやすく解説

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスありのおすすめの海外FX業者ランキング☆】

>>新FX業者「IS6FX」では10月12日より口座開設6万円ボーナス実施中☆

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(ボーナスが手厚く特におすすめ)

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

これからIS6FXで取引をしてみたいと考えている人の中には、スワップポイントを利用して利益を得ていきたと考えている人もいるでしょう。

IS6FXではスキャルピングのような超短期トレードも可能ですが、スワップポイントを利用した利益を得ることも可能です。

しかしIS6FXのスワップレートがどれくらいなのかは、実際にIS6FXに登録する前に知っておきたいところですよね。

そこで今回は、IS6FXスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説していきます。

IS6FXスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説

2020年10月にスタートしたばかりの新しい海外FXブローカーであるIS6FX。

そんな新ブローカーであるIS6FXのスワップポイントについては、まだまだ情報が少なくなっています。

またIS6FXのスワップレートを公式サイトにて確認してみても、特にIS6FXのスワップレートは記載されていませんでした。

そもそもスワップポイントとは、2つの通貨(2国間)の金利差から得られる利益のことを指します。

例えば、日本円のような金利の低い通貨を売り、豪ドルやトルコリラのような金利の高い通貨を買ったというポジションを維持すれば、維持した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができるのです。

このように通貨が利用されている国によって定められた金利差がスワップポイントになるのであれば、どのブローカーでもスワップレートは同じになると考える人もいるでしょう。

しかし実際のスワップポイントは、国同士の金利差をもとに各ブローカーが自由に決められるようになっています。

よって利用するブローカーによって同じ通貨ペアでもスワップが高いとか低いということが生じるのです。

また金利は為替レートや市場動向により日々変動するので、IS6FXのスワップレートも金利の変動に伴い常に変わっていきます。

受け取り額の増減や取引する通貨ペア次第では、金利差がマイナスになり、反対に支払わなければならない場合もありますので、スワップ狙いでの取引を行うのであれば直前にスワップレートを確認するようにしましょう。

IS6FXスワップポイント比較 一覧

IS6FXのスワップポイントは常に変動していますので、ここで紹介する金利差だけで「IS6FXはスワップポイントが高い」とか「IS6FXはスワップポイントが低い」と断言することはできません。

ここではIS6FXの2020年10月現在のスワップポイント比較一覧を参考程度見ていきましょう。

  • AUDCAD(オーストラリアドル/カナダドル)...買いスワップ1.12・売りスワップ-7.67
  • AUDCHF(オーストラリアドル/スイスフラン)...買いスワップ2.12・売りスワップ-9.55
  • AUDJPY(オーストラリアドル/日本円)...買いスワップ1.77・売りスワップ-8.59
  • AUDNZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)...買いスワップ-5.8・売りスワップ-1.43
  • CADJPY(カナダドル/日本円)...買いスワップ-0.98・売りスワップ-4.59
  • CHFJPY(スイスフラン/日本円)...買いスワップ-7.07・売りスワップ-2.31
  • EURAUD(ユーロ/オーストラリアドル)...買いスワップ-15.35・売りスワップ4.05
  • EURCAD(ユーロ/カナダドル)...買いスワップ-8.32・売りスワップ-0.52
  • EURCHF(ユーロ/スイスフラン)...買いスワップ-1.87・売りスワップ-4.31
  • EURGBP(ユーロ/英ポンド)...買いスワップ-3.77・売りスワップ-0.35
  • EURJPY(ユーロ/日本円)...買いスワップ-3.75・売りスワップ-3.85
  • EURNZD(ユーロ/ニュージーランドドル)...買いスワップ-20.62・売りスワップ7.35
  • EURUSD(ユーロ/米ドル)...買いスワップ-4.2・売りスワップ1.28
  • EURZAR(ユーロ/南アフリカランド)...買いスワップ-411.08・売りスワップ186.47
  • GBPAUD(英ポンド/オーストラリアドル)...買いスワップ-16.29・売りスワップ2.48
  • GBPCAD(英ポンド/カナダドル)...買いスワップ-6.35・売りスワップ-4.66
  • GBPCHF(英ポンド/スイスフラン)...買いスワップ0.35・売りスワップ-8.91
  • GBPJPY(英ポンド/日本円)...買いスワップ-1.23・売りスワップ-4.94
  • GBPNZD(英ポンド/ニュージーランドドル)...買いスワップ-21.97・売りスワップ5.98

ここでは、IS6FXで取り扱っている一部通貨ペアの2020年10月現在のスワップポイントを調べてみました。

表示がマイナスになっているスワップポイントに関しては、トレーダー側がオーバーナイトした場合にはスワップ分を支払うという意味になっています。

AUD・ZARなどのマイナー通貨ペアの場合、通貨自体の金利もかなり高く設定されていることが多いためスワップの幅がかなり大きくなっていることがわかるでしょう。

またポジションによってもスワップポイントを支払うのか受け取るのかが変わるものもあれば、売り買いのどちらのポジションでも支払わなければならない場合もあるようです。

IS6FXのスワップポイントの計算方法

IS6FXのスワップポイント比較一覧では、単純にスワップポイントを表記してきましたが、実際にいくらもらえるのか気になるという人もいるでしょう。

IS6FXのスワップポイントでもらえる金額(支払う金額)は、以下の計算式を用いて計算することが可能です。

スワップ金利=(0.00001÷為替レート)×取引通貨枚数×スワップポイント×対象円のレート

ただし現在表示されているスワップポイントは常に変動するものであり、一ヶ月を通して同じスワップポイントが適用されるということはほぼありません。

スワップポイントは日々変動するので、1日の付与額で全てを決めるようなことはせず、1ヶ月くらいの平均値で比較するのがスワップポイントで利益を着実に上げていくコツだといえるでしょう。

ただしスワップポイント狙いよりも、やはりトレードで利益を上げていく方が、大きな利益を得られるチャンスは多くなります。

IS6FXスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説まとめ

今回は、IS6FXスワップポイント比較 一覧を分かりやすく解説してきました。

IS6FXスワップポイントを今回あげていきましたが、IS6FXのスワップポイントは常に変動しています。

よってトレードを行う際には、必ず直前のスワップポイントを確認してからエントリーするようにしてください。

また長期的にポジションを保有する予定の人はこまめにスワップポイントをチェックしていくのがよいでしょう。