にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

FBSで両建てトレードは出来るのか詳しく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料がやすくスプレッドが狭いおすすめの海外FX業者ランキング】

【1位】LANDFXの詳細ページはこちらから

【2位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】FBSの詳細ページはこちらから

【4位】TRDEVIEW(トレードビュー)の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200120061523j:plain

豪華なボーナスキャンペーンや他にはないハイレバレッジトレードに魅力を感じて、FBSの口座開設をしてみたいと考える人もいるでしょう。

中でもFBSで両建てトレードにチャレンジしてみたいという人も少なくはないはずです。

しかしブローカーの中には、ブローカー独自のルールにて両建てトレードを禁止しているというところもあるでしょう。

そこで今回は、FBSで両建てトレードは出来るのかについて詳しく解説していきます。

FBSで両建てトレードは出来るのか詳しく解説

FBSは2009年にスタートした世界190カ国で活動を行う海外ブローカーです。

およそ10年ほどの運用実績となっていますが、他のブローカーでは不可能な最大3000倍というハイレバレッジトレードが出来る上に、豪華なボーナスキャンペーンも魅力的なブローカーとなっています。

そんなFBSでは基本的に両建てトレードをOKしており、両建てトレードを楽しむことが可能です。

ただしFBS独自の両建てトレードに関するルールも設定されているので、規制を守りながら両建てトレードを行なっていくことが重要になります。

FBSで両建てトレードは出来るが取引ルールに注意

そもそも両建てトレードとは同じ通貨ペアの売りと買いの注文を同量・同じタイミングで出すという注文方法です。

両建てを行うと同じ条件の真逆のポジションを保有することになるので利益と損失を相殺し合うことになります。

例えば自分が予想していた値動きと真逆に相場が動き出した時には、両建てしておいたいずれかの注文を決済することで損失を最小限に抑えることが可能になるでしょう。

また長期的に上がると予想している相場で短期的に下げの相場となったとしても、両建てをしておけばポイントポイントで利益を得ることも可能です。

このように両建てのテクニックに慣れてくると、リスクを軽減させるばかりではなく、要所要所の利益を得ることにも繋がってくるでしょう。

そしてFBSでは、両建てトレードが出来るようになっていますが、以下のような注意点をチェックしておく必要があります

  • 口座タイプをまたいでの両建ての場合にはボーナスやゼロカットシステムのルール変更に注意
  • 家族や友人などの他人名義で複数口座を利用しての両建てトレードは禁止
  • FBSと他のブローカー間での両建てトレードは(FBS側)はOK

基本的に1つの口座内で両建てトレードを行うのであれば、特に問題点や変更点はありません。

しかし上記のようなトレードを行うのであれば、通常のトレードとはルールが違ってきたり、あるいはトレード自体が禁止されていたりするのです。

それでは、次項より1つずつ詳しくみていきましょう。

 FBSで両建てトレードを行う際に複数口座タイプを利用するのであればボーナスやゼロカットシステムのルール変更に注意

FBSでの両建てトレードを行うのであれば、まず注意しなければならないのは複数口座タイプを利用して両建てトレードを行う場合です。

FBSでは口座開設を行う際に現在5つの口座タイプの中から好きなものを選んで、複数の口座を開設することができます。

ブローカーによっては、両建てトレードはOKでも両建てが出来るのは1つの口座内と限定しているブローカーも多いでしょう。

しかしFBSの場合には、複数の口座を利用して両建てトレードを行うことができてもボーナスそしてゼロカットシステムが無効になってしまうというルールが執行されます。

ゼロカットシステムとは取引中にロストカットなどが発動し、万が一資金がマイナスになった場合でも、自動的に資金をゼロまで戻してくれるというシステムです。

FBSではこのゼロカットシステムが採用されていることにより、ユーザーが不用意に借金を追ってしまうリスクがありません。

しかし口座間での両建てを行うことでこのゼロカットシステムが無効になるので、万が一資金がマイナスになれば借金を被ってしまうリスクが発生します。

またキャッシュバックボーナスに関しても無効となるので、自分で入金した額と得た利益でしかトレードを行うことはできません。

そのため通常のトレードを行う場合よりも、厳しいルールの中での両建てになるでしょう。

 FBSで両建てトレードを行う際に家族や友人など別名義の利用は禁止

FBSでの両建てトレードの中で禁止されている行為として、自分の口座と他人の口座を利用しての両建てトレードがあります。

両建てトレードを行う人の中には、友人や家族に名義を借りてアカウントをまたいで両建てをしようと考えている人もいるでしょう。

しかしこのような名義貸しの行為自体が禁止となっており、さらに名義をまたいでの両建ては禁止です。

万が一複数名義を利用した両建てがFBS側にバレれば、強制退会など何かしらのペナルティを与えられる可能性が高くなります。

 FBSで両建てトレードを行う際に複数業者を利用するのはFBS側はOK

また両建てをOKしているブローカーの中で禁止行為として採用されていることが多いルールに、業者間での両建て禁止というものがあります。

例えばAという業者でUSD/JPYを100ドル買い注文を出したら、他の業者で同じタイミングでUSD/JPYを100ドル売り注文を出して両建てしてはいけないというルールです。

しかしFBSにはこのような複数業者での両建てを禁止するルールはなく、他の業者との両建てもOKとしています。

ただしFBSとペアで両建てを行うブローカーでは、異業者間での両建てトレードを禁止している場合もあるので、両建てをおこなう際には、事前にブローカーのトレードルールを確認するようにしてください。

FBSで両建てトレードは出来るのか詳しく解説まとめ

今回は、FBSで両建てトレードは出来るのか詳しく解説してきました。

FBSでは両建てトレードを行うことはできますが、取引方法によってはルールの変更や禁止行為があるようです。

両建てトレードを行う際には、事前にしっかりルールを確認して取引を行なっていくと良いでしょう。