にゃんにゃんFX

FX関連の情報を発信しています

IS6FXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング】

【1位】IS6FXの詳細ページはこちらから(口座開設&入金ボーナスがあり特におすすめ)

【2位】BIG BOSSの詳細ページはこちらから

【3位】HOTFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】FBSの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201012141848j:plain

IS6FXの税金の計算方法はどうすればいいの?

確定申告して税金を納める必要がある人の条件を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

IS6FXのトレードで利益を獲得したとき、確定申告や税金の計算方法について意識する方も多いのではないでしょうか。

IS6FXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得が一定を超えた人を対象に、税金の計算方法を行い、所得税を納めることをさします。

IS6FXのトレードで1年間に獲得した利益から損失や経費を相殺して所得を算出し、所得に税率をかけて税金を算出し、納税するまでの一連の手続きを確定申告で行います。

自営業やフリーランスの方は、事業の税務手続きを行っているため、確定申告や税金の計算方法について理解している方は多いでしょう。

しかし正社員・パート・アルバイトなど、雇用されている方は、職場が税金の計算方法や納税を代行してくれるため、確定申告について理解していない方も多いはずです。

これまで自分で確定申告したことがない方も、IS6FXで儲けを得た場合は、自分で税金の計算方法や納税をする必要性は出てくるでしょう。

IS6FXで利益を獲得した方を対象として、確定申告する必要性から順にみていきます。

IS6FXの確定申告で税金を納める必要がある人の条件

IS6FXで確定申告する必要性については、雇用状況や年間所得額に応じて変化します。

給与所得がある人で確定申告の必要がある人

まず給与所得がある人の場合、以下の計算方法で残高が発生するのかどうかを把握しましょう。

給与所得とは、会社員・派遣社員・契約社員・パート・アルバイトなど、雇用されて収入を得ている方です。

  • 1.各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む)から、所得控除を差し引き、課税される所得金額を求める
  • 2.課税される所得金額に所得税の税率を乗じて、所得税額を求める
  • 3.所得税額から、配当控除額と年末調整の際に控除を受けた(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額を差し引く

上記の計算方法で残額が発生する方、かつ以下の条件に該当する方は、確定申告の必要があります。

  • 給与の年間収入金額2000万円を超える人
  • 給与を1か所から受けていている人で、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える人
  • 給与を2か所以上から受けている人で、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合で、年末調整をしなかった給与の収入金額と各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える人
  • 同族会社の役員やその親族などでその同族会社からの給与のほかに、貸付金の利子、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料などの支払を受けた人
  • 給与について、災害減免法により所得税等の源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人
  • 国内の外国公館に勤務する方や家事使用人などで、給与の支払を受ける際に所得税等を源泉徴収されないこととなっている人

給与所得がない人で確定申告の必要がある人

給与所得がない人、たとえば自営業・フリーランス・主婦・学生などで確定申告の必要がある人は、以下の計算方法で残高が発生する人です。

  • 各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含。)から、所得控除を差し引き課税される所得金額を求める
  • 課税される所得金額に所得税の税率を乗じて、所得税額を求める
  • 所得税額から、配当控除額を差し引く

他には、所得が雑所得のみの人や退職所得がある人などは、確定申告が必要になる条件が異なります。

確定申告の必要がある人に該当しているかどうか判断が難しい場合は、国税庁の公式サイトにて確認する、最寄りの税務署へ問い合わせてみるのとよいでしょう。

IS6FXの税金の計算方法と確定申告の区分

IS6FXで最低20万円の利益を得ている方の中で、上項の確定申告の必要がある人の条件を満たしている場合は、確定申告の準備を進めていきましょう。

確定申告の手続きは、国税庁のホームページ上の確定申告書の作成サイトや、freeeや弥生会計などの会計ソフトから行う方法が一般的です。

会計ソフトには有料版と無料版があり、サービス性に優れているのは有料版ですが、好みに合わせて選択してください。

確定申告の基礎知識がない、期限内に間に合わないなど、現実的に自分で手続きを進めることが難しい方は、税理士に有料で依頼する方法もあります。

IS6FXの確定申告と税金の計算方法に関する基礎知識として、まずは税金区分を把握する必要があります。

まずIS6FXなどの海外FXで獲得した所得は「雑所得」に分類されます。

国内FXの所得も雑所得に分類されますが、国内FXはさらに「分離申告課税」に分類されます。

一方、IS6FXなどの海外FXは雑所得の「総合課税」に分類されるという違いがあり、区分によって課税方式が異なりますので注意しましょう。

国内FXの分離申告課税は、他の所得と合計せずに、単体で所得を計上し課税対象額を算出します。

他の所得とは、事業所得・給与所得・退職所得・配当所得・利子所得・一時所得・譲渡所得・不動産所得・山林所得をさします。

一方、IS6FXの総合課税は、他の所得の合計額と一緒に、所得を計上して税金を計算します。

国内FXは、3年間の繰越損失が適用されますが、海外FXでは適用されません。

一方、損益通算については、個人口座の場合、国内FXは分離申告課税に分類される所得同士、海外FXの場合は、総合課税に分類される、他社の海外FXや仮想通貨のみ可能になります。

またIS6FXなどの海外FXは、税金の計算方法として累進課税方式が適用されるため、所得に対して最低5%の税率から最大45%と、所得が多くなるほど税率がアップし、税金が増えていきます。

一方、国内FXは一律20%と、所得額の影響を受けません。

海外FXの税率については、国税庁ホームページの「累進課税方式」を参考にし、所得に対してどのくらいの税率が課せられるのかを確認しましょう。

IS6FXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

IS6FXの税金の計算方法と確定申告は、すべての人が必要なのではなく、所得額に応じて必要になります。

税制上所得とは収入と区別されており、収入はIS6FXで説明するとトレードの利益になり、所得は収入から経費を相殺した金額になります。

確定申告対象者の判断は、給与所得があるのかないのかと、所得額に応じて明確にするため覚えておきましょう。

万が一確定申告の対象者であるのにもかかわらず怠たり、税務署に発覚すると、重税のペナルティに課せられます。

IS6FXで儲けを獲得したら必ず確定申告すべきかを判断して該当する場合は手続きを進めてください。